1189-森下の集合住宅(KM2204)

000150805092355re

000150805092737re

000150805092944re

000150805093105re

000150805093236re

000150805093748re

000150714160130re

000150714160115re

001150714134113re

001150714134732re

001150714102751re

001150714102544re

001150714102928re

001150714123215re

101150714150537re

101150714150920re

101150714151302re

101150714151328re

101150714151502re

102150714152017re

102150714152521re

102150714152625re

104150714153859re

104150714153925re

104150714154936re

201150714123947re

201150714124454re

201150714124831re

202150714130304re

202150714130919re

202150714131439re

203150714122131re

203150714122358re

203150714122738re

204150714120658re

204150714121010re

204150714121151re

401150714103336re

401150714103628re

401150714103725re

401150714103848re

401150714104644re

402150714105120re

402150714105503re

402150714105903re

402150714110034re

402150714110623re

501150714111214re

501150714111410re

501150714111708re

501150714111946re

501150714112343re

501150714112639re

501150714113058re

501150714113129re

502150714094634re

502150714094916re

502150714095116re

502150714095424re

502150714100152re

502150714100638re

502150714101358re

all photos(c) Bariquant.

江東区の駅から程近い場所に建つ集合住宅。
周囲はフラットな地形であることから、自転車生活を楽しめる集合住宅が適しているのではないかと考えた。

この規模では6人乗りエレベーターで十分だが、13人乗りを採用し奥行き2.0mを確保することで自転車を乗り入れられるようにした。
各部屋の玄関は土間のように広くなっていて、室内へ持ち込むことができる。

小さな室内に出てきてしまう柱、梁といった力強い構造体はセパ孔やパネル割りを消滅させることで、抽象的な記号としてインテリアに存在させた。

将来的に部屋を拡張しやすいよう、住戸間の壁は躯体ではなく乾式耐火間仕切り壁とした。
その証としてOSB合板が貼られ、構造体とインテリアの調停役を担う。

設計 : 中川純一、村井美菜子 / Bariquant.
構造 : 久田基治、小宮山愛 / 構造設計工房デルタ

用途 : 事務所+集合住宅(計18戸)
office ( 13.35~17.59m2)x4戸
1R (13.01~22.67m2)x11戸
メゾネット(27.37~40.26m2)x3戸

計画地 : 東京都江東区
敷地面積 : 108.18m2(32.7坪)
建築面積 : 82.05m2(24.8坪)
延床面積 : 460.91m2(139.4坪)
構造 : RC造
規模 : 地上6F建て
設計 : 2014.04-2014.09
施工 : 2014.10-2015.07
担当 : 村井美菜子

問い合わせ : 株式会社アールエイジ

>現場レポート