1209 高円寺の小さな複合ビル

160312_0005

160312_0035

160312_0068

160312_0078

160312_0128

160312_0170

160312_0177

160312_0221

160312_0230

160312_0242

160312_0268

160312_0283

160312_0330

160312_0380

160312_0392

160312_0525


160312_0493

160312_0505

160312_0510

160312_0532

160312_0596

all photos(c) Kenta Hasegawa / OFP

RC造 地下1階、地上4階からなる複合ビルである。

複合ビルの内訳としては、店舗2室、事務所2室、集合住宅4室。
杉並区のワンルーム条例上、40m2未満の住戸が6戸以上ある場合、駐輪スペース等が必要になってしまうが、入れるスペースが確保できない。
40m2以上の部屋を確保すれば必要なくなるが、建築面積が35m2しか確保できないため、この規模でメゾネットは非常に不効率である。
そこで駅から近いこともあり、集合住宅のみの用途ではなくし複合ビルとしての計画となった。

それぞれの用途で仕上げは変えず、どの用途にも引っ張られないようなパーケットフローリングとし(住戸のみバスタブがある)、なんでも許容してしまう雑居ビルのような表情とした。

門前仲町の集合住宅でもそうであったが、小さな部屋の大きさがそのまま建物の外形となっていて、空中にポンと投げ出されたような開放感がある。
小さいがゆえに3面に空けられた開口から同時に景色が飛び込んでくる。
今回はそれぞれが半層ズレていて玄関が隣り合わないため、独立感がより強調された建物となった。



設計・監理 : 村井美菜子 / Bariquant.
構造 : 間藤早太 / 間藤構造設計事務所
施工 : 仲宗根直次 / 大島建設


用途 : 店舗、事務所、共同住宅(計9戸)
計画地 : 東京都杉並区
敷地面積 : 51.06m2(15.4坪)
建築面積 : 35.84m2(10.8坪)
延床面積 : 162.30m2(49.1坪)
構造 : RC造
規模 : 地下1階、地上4F建て
設計 : 2015年2月-7月
施工 : 2015年7月-12月

>現場レポート

入居お問合せ:アールエイジ(物件名:SK4118)