PROTO不動前 完成直前

こんにちは。
バリカン村井です。

PROTO不動前、引渡し直前です。
あっという間にPROTOシリーズ第二弾!

こちらはコンパクトながら、
全ての部屋が角部屋という2面窓の贅沢な作りです。

1802031014521

こちらも、もうすぐ引渡し。

バリカンの怒涛の竣工ラッシュ。
ラストです。

次は新宿プロジェクトまで、竣工はお預けです。

|

PROTO不動前 上棟~内装工事

こんにちは!
今年も残すところあと1ヶ月です。

さて、PROTO不動前は上棟し、内装工事に入っています。
現場も引き渡しに向けて、更にスピードアップ!

この日は外壁の補修チェックに。
杉板型枠のコンクリート打放し部も更に美しい外観になるべく
化粧中です。

1712051106052

木目を残しつつの補修作業は手を加えすぎると嘘っぽく、のっぺりとした印象に
なってしまうため、なかなか難しい作業です。


内部も部屋らしくなってきました。
あともう少し。


1712051116375


|

不動前 杉板型枠

PROTOシリーズは外壁に杉板型枠を使用しています。
木目の雰囲気を確認するためサンプル作ってもらいました。

170919121854

使用予定の杉板材を確認して実際の型枠に。


171004163304

きれいな杉の木目が出るのが楽しみです♪

|

不動前 1F配筋/スリーブ検査

1F配筋検査。
きれいな配筋組んでいただいています。

170915163359001


電気の打込みの位置、スリーブの位置も間違いないか確認です。
おなじみの職人さんなので、正確な仕事なのは分かっていますが
念のため再チェックです。

170915161651

いつもスケールを当ててもらって確認しているのですが、何気に職人さんの手を煩わせていました。。。
が、この日は端材の木材にスケールを取り付けたお手製スケールが新登場!
早いし、見やすいし、ナイスな時短ワザです(笑)


電気もスリーブも1つもミスなくパーフェクトでした~!


|

不動前 基礎配筋~スラブ

170809101217

基礎配筋です。
基礎は私の肩くらいまで高さがあるので、流石にまたげません。。
エリアごとに配筋確認するために、基礎をまたいでいたるところにはしごが
かかっています。

この日は暑くて現場の温度は40℃・・・。
検査をしている私達でも汗だくなので、現場の方はもちろんぐったり。
本当にお疲れ様です。


170828145803

1Fのスラブと一部立ち上がりの壁配筋。
1Fの床下を通す配管用のスリーブも確認して、バッチリです。

|

不動前 杭~杭頭処理

170710150710_2

杭工事。
ここ最近の物件では杭基礎が多いです。

170802114416_2


杭工事後の杭頭処理。
掘り返す必要のない箇所は土を残してあります。
なんだか、遺跡の発掘現場のようです。


|

PROTO不動前 計画概要

1706221

PROTO不動前(2018年2月竣工予定)
|用途 : 集合住宅 15戸 (1Rx14戸、1DKx1戸)|計画地 : 東京都品川区荏原1-9|敷地面積 : 115.28m2(34.9坪)|建築面積 : 68.99m2(20.8坪)|延床面積 : 275.96m2(83.5坪)|構造・規模 : RC造・地上4階建て|設計 : 2016年12月-2017年5月|施工 : 2017年6月-2018年2月竣工予定|

|