« 「物件データリスト」掲載しました | トップページ | 獺祭 »

One driveでソート可能なエクセルデータをホームページに埋め込み

こんにちは、バリカンのエクセル大好き担当、ナカガワです。
好きな関数はSUMPRODUCT、VLOOKUPあたりです。

エクセル大好きです。その中でも好きな機能がソート。
一覧表をつくって好きな順番で並び替えが可能なあれ。
最近のエクセルだとテーブルでサクッと作れて便利さマシマシですね。

あの機能をウェブで簡単に作れたらいいなあと思ってましたがあっさりできちゃいました。

MicrosoftのOneDrive(旧SkyDrive)を利用してエクセルをアップロード、共有メニューから設定してiframeでページに埋め込むだけ。超絶簡単便利。

Ws000268_2

まずはワンドライブにサインイン。

Ws000269

上部メニューからPC上で作成したエクセルデータをアップロード。

Ws000273bmp

エクセルデータを開いてメニューから「共有」→「埋め込み」

Ws000274bmp

操作の項目「他のユーザーに並べ替えとフィルターを許可する」にチェック。
大きさなどを指定して、埋め込みコードをブログやWEBページに貼り付けるだけ!

拍子抜けするほど簡単。

・もちろん埋め込み後、ワンドライブ上で編集した内容は反映されます。

・大きさがなぜか最大700x900pxまでしか入力できませんが、コードの数値を書き換えればそれ以上で表示も可能。

・ドライブ上のエクセルだとフォントが8pt~しか選べませんが、アップロード前に6ptなどに指定しておくと小さい文字も表示可能
Googleドライブで作成したデータも埋め込みできますが、ソートができないのでMicrosoft一歩リードか。iPad用エクセルも早く日本対応して欲しいです。

ということで、これまでの物件を一覧表にしてみました。

物件データリスト

規模や面積ごとにソートして物件をご確認頂けます。
それでは良きエクセルライフを。ナカガワでした。


|

« 「物件データリスト」掲載しました | トップページ | 獺祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21491/59399238

この記事へのトラックバック一覧です: One driveでソート可能なエクセルデータをホームページに埋め込み:

« 「物件データリスト」掲載しました | トップページ | 獺祭 »