Bariquant New Office | バリカンニューオフィス

Baritop

121122142531
内装前。スケルトン渡し。被覆材がアスベストか心配されたが、試験機関にサンプル調査を依頼し、無事アスベスト含有無しという結果に。

130127121907
天井は白くペイントし床、壁には断熱材(グラスウール 24k 50mm)を入れ合板で覆った。

130127121726
合板は4種類。ラワン、シナ、ラーチ(構造用合板)、OSB。910を450mmの半割にして張り付け。

130127122212
合板は内装材であり、実物サンプルである。


130128123758
奥には収納を兼ねたトイレブースとキッチン。

130127122440
既存窓位置は気にせず割つけていく。

130127122848
キッチン。木の板と木の脚。これまでで最もシンプルで最も安価なキッチン。


130127123258
大きな窓と既存の柱、柱脚。

130128123058
壁材を合板にする一番のメリットはどこでもビスを打てるようになること。
下地の有無を気にすること無く棚などを取付けられる。

130127123429
天井には工事用照明。

130127123506
既存梁との取り合い。界壁側にも断熱材を施した。

130127122650

バリカンの新しいオフィスです。

建築によく使われる合板4種(ラワン、シナ、ラーチ、OSB)をリピートさせた内装はまるで地層のようで洞窟の中にいるかのような感覚。
当初は施主に合板の質感などを確認してもらいやすいよう、実物サンプルとしての内装が目的でした。ですが実際に使用してみると内装材としても自立できる組み合わせであることが分かりました。本来下地材であることから強度も十分にありどこでもビスを打てることも大きなポイントです。
前回のオフィスでは仕上げ材のみの更新に留まった。既存建物の断熱が不十分であったため、空調効率がとても悪かったのです。
今回はスケルトン貸しということもあり、下地からしっかり計画することができる。
そこで外壁側はもちろん界壁側も床も天井以外の部分全てに断熱材を施しました。

結果、非常に快適な熱環境を取得することができました。
柱や梁の部分は熱橋になるため本来であれば断熱補強をすべき箇所であるけど、特に気になるレベルでもなく、窓の結露も特にみられない状態です。

さらに快適になったバリカンオフィス、是非遊びにいらして下さい。
-----

意匠設計:設計事務所バリカン 担当:中川純一
設計期間:2012.12
施工期間:2013.01
延床面積:39.0sqm

工事中記録へ

Projectページへ戻る