House in Yotsugi | 四つ木の家

130118001740_dsc2208

121119222110_dsc1630
外壁はガルバリウム鋼板

121124032029_dsc1912
大きく確保された庭と配列された窓

121119222136_dsc1632
道路からのゲスト用玄関

130118003410_dsc2230
敷地北側にあるプライベート用玄関

130119003733_dsc2325
キリンの置物はピノ(猫)の爪とぎ

130119002401_dsc2304
写真スタジオとして使われるため気積が大きく確保されている

130118002359_dsc2221
スタジオ、リビング、ダイニングが仕切られること無く大きな空間に点在する

130117222453_dsc2137
暖炉がおかれたリビング。キッチンの脇を通ってゲスト用バスルーム、ゲストルーム

130116051920_dsc2045
ゲスト用バスルーム

130116052612_dsc2052
ゲストルーム

121121225432_dsc1724
梁によって仕切られた床のない2階

121123032554_dsc1850
くの字にまがった天井

121122221628_dsc1821
階段もくの字に寄り添って配置されている。折れ線から突き出した斜めの部材が階段を支える

121121230349_dsc1737
2階から階段を見下ろす

130120041627_dsc2407
2階主寝室

130120040501_dsc2394
寝室の奥にはトイレ、シャワールーム、納戸が用意されている

130120040747_dsc2396
窓がある場所にはセントラルヒーティングが取り付く

130120042536_dsc2416
トイレ、シャワールーム

130120044518_dsc2429
納戸。夏場吹き抜けに溜まった熱気を主寝室を介して納戸から外部に抜けるよう三角壁の頂点は開くようになっている

130117235009_dsc2171

130112075943_dsc1989

130107080804_dsc1972

130112080311_dsc1993

130114031356_dsc2025

all photos(c) Seiji Okumiya

Yotsugiplan

町工場を持つ家が密集する住宅地に建つ、写真家と作家と猫のための家。

二人で住むには大きすぎる敷地に対し”くの字”に身をくねらせて建物が配置されています。

この家には大きな玄関のような空間があります。

写真スタジオとリビング、予備室として検討されたスペースでしたが打合せを重ねていくうちに床がなくなり壁がなくなり梁と大きな空間のみが残りました。

それは大勢の客を招き入れる空間であり、街と庭の転換空間であり、街路と静かな個室を結ぶ接続部であり、家の中にありながら公共スペースの役割をも担うかのような”大きな玄関”と呼びたくなる場所となりました。

南庭に面したいくつもの掃き出し窓は2層に渡り均等に並べられ一日を通して太陽光や雲が移動していき、廻りの家々や空は見え隠れする景色として取り込まれます。

人も街も気候もおおらかに迎え入れる大きな玄関空間を中心とした生活が日常を彩っていきます。


----------

意匠設計:設計事務所バリカン 担当:尾形模空
構造設計:MI+D建築構造研究所 担当:加藤征寛、牧聖也
施工:大熊工務店

設計期間:2011.06~2012.05
施工期間:2012.06~2012.11

敷地面積:153.47sqm
建築面積:60.22sqm
延べ床面積:82.44sqm
構造規模:木造、地上2階建て

----------
掲載誌:LiVES 2013年10月号 P36-39

現場レポート
Projectページへ戻る