千石の家 House in Sengoku

Sengokutop

 

021112041029311
小さな商店街に位置する建物 周りに習って1階開口が開けられている

 

051111301409201
   エントランスホール

061111301417061
玄関からエントランスホールを見る

071111301419281
1F 両親室 敷地の1/3を残した裏庭が広がる

081111301421101
   1F両親室からエントランス方向を見る

091111301417461
玄関 北側の型ガラスから柔らかい光が入る

101111301330011
階段ディテール 踏み板は居室と同じラワン合板に染色

111111301201361
   2Fリビング ゴツゴツした群青色

131111301203111
   西日に照らされたラワン合板が黄金に輝く

141111301315411
取っ手ディテール 群青色の塗装、取っ手はバリカンオリジナル

151111301205531
   リビングは本好きな施主の書斎スペースとして使われる

161111301147331
   2Fダイニングキッチン 右奥が書斎リビング、左奥がユーティリティ

181111301158551
   2Fダイニングキッチン 道路側を見る 右奥が子供室、左奥がEV室

191111301333271
キッチンディテール 開口を開けると隣の家の壁面が現れる 書斎のゴツゴツと同じ

201111301431381
   2F階段 3F渡り廊下からの光が落ちる

221111301220041
   2F子供部屋 勉強部屋は東側

231111301318551
2F子供部屋 手摺ディテール

241111301154161
2F階段

251111301337531

261111301331001

271111301055321
3F渡り廊下 奥が主寝室

281111301038501
3F主寝室 周囲の建物から覗き込まれないよう開口高さは手摺と同じにおさえている

291111301427081
3F主寝室から渡り廊下を見る

301111301331561
主寝室開口部

321111301321091
主寝室棚ディテール

341111301046371
   渡り廊下から浴室側を見る

371111301100281
3F浴室 最も高いところで3750の天井高を持つ

381111301116481
浴室 バリカンおなじみタイルと塗装で切り分けられている

391111301106461
   窓から主寝室と隣地の緑が見える

411111301117351
浴室から洗面を見る (後日洗面器取り付け)

421111301322561
浴室扉上枠 さすがの青ディテール ここまで打てば響く工務店はなかなかいない

431111301124141
   テラスに出る 主寝室の壁が傾けられていることで広い空を確保している

441111301129191
   浴室を高くすることで周囲からの視線を遮っている

451111301137191
隣地の緑が美しい

461111301325181
商業地域であり、斜線制限等は特に厳しくなかった 廻りの建物から視線を遮ると共に空を切り取るように、空に視線が抜けるように、屋根形状を決めた

481111301326101

491111301326571
空を開くために切り取られた屋根

511111301458321
裏庭ファワード 長細い敷地形状を活かし可能な限り裏庭広さを確保 周囲の家にも明るさが

531111301355131
   屋根はすべて浸透性の躯体防水 道路からは浴室の薄いボリュームだけが見える

541112041039211

551112101203311
   記念にとお施主さんからの要望で定礎板をプリント

561112031144521
   記念撮影 モクが浮いて見えるのは合成だからです もう少し馴染ませろ、おれ

all photos (c) Junichi Nakagawa | Bariquant.

61plan1

62plan2

63plan3

64ele1


65ele2

66sec1

67sec2

千石に建つ2世帯住宅。建て替えのご依頼。
1階にご両親室、2階に子世帯、3階に子世帯主寝室と浴室を配置した。
細長い敷地のため、通風と採光をどのように確保するかが課題だった。
長細い敷地に対し、建物をめいっぱい道路側に寄せ、裏庭を可能な限り広げた。
そのことにより1階の両親室だけではなく、周囲の家にとっても明るい場所を作り出している。
建物も細長くなるため、真ん中がどうしても暗くなってしまう。
そこで、道路側と裏庭側とに小さな壁式の箱を2棟建て、真ん中は壁のないスラブだけの空間とした。真ん中の最上階は天井高を抑えたガラス張りの渡り廊下とすることで、建物全体のハイサイドライトのようになっている。
最上階は離れのような雰囲気を楽しめるよう小さな小屋のような空間とし、自らの建物で周囲の視線を遮り、街中に建っていることを忘れそうなプライベートな場所が作られている。

----------

意匠設計:設計事務所バリカン 担当:尾形模空
構造設計:間藤構造設計事務所
施工:青 担当:田原宗、岡田泰輔

 

設計期間:2009.11~2011.05
施工期間:2011.05~2011.12

敷地面積:97.00sqm
建築面積:48.45sqm
延床面積:106.55sqm
構造規模:鉄筋コンクリート造、地上3階建

工事中記録へ